Discography

ハルメンズの        近代体操+8

VICL-70093  ¥2,000+税
発売元:ビクターエンターテインメント

 

 

198010月に発売されたデビューアルバム。当時20代前半の早熟な若者たちによる、初々しさと洗練さが同居した稀有なサウンドと、日常感覚に基づいたSF的な歌詞が鳴り響く。ディレレクション(=プロデュース)は鈴木慶一(ムーンライダーズ)。前身バンドの「8 1/2」「少年ホームランズ」の曲も多数収録されているベスト盤的内容。
2010年にリマスター盤が発表され、未発表ボーナストラック8曲がプラスされた。

 

ハルメンズの   20世紀+8

VICL-70094  ¥2,000+税
発売元:ビクターエンターテインメント

 

 

19817発売の2ndアルバム。サエキ、比賀江により多くの楽曲が書き下ろされ、そのデモテープの内容に「海外の諸作と肩を並べる」とディレクター・鈴木慶一が驚愕し、制作にGOサインを出したという。デモテープのサウンドを活かすべく簡素な機材での録音が行われ、そのオリジナリティに溢れたサウンドは今なお新鮮。2010年にリマスター盤が発表され、未発表ボーナストラック8曲がプラスされた。

21世紀さんsingsハルメンズ

サエキけんぞう&Boogie the マッハモータース

VICL-73567  ¥2,500+税

発売元:ビクターエンターテインメント 

 

ハルメンズ30周年の2010年、幻のハルメンズ3枚目として戸川純「玉姫様」のエンジニア・飯尾芳史を共同プロデューサーに迎え制作。3枚目用未発表曲6曲に、当時のコンセプトを生かした新曲1曲、新しい解釈のセルフカバー7曲を収録。当時のディレクター鈴木慶一は「驚きと共に奇跡と共に生きて てよかったと共に感動あふれる出来事」とコメント。ゲストに野宮真貴、桃井はるこ、浜崎容子アーバンギャルド)、杉真理ほか。



『初音ミク sings ハルメンズ』

 

 

当時ニコ動で人気だったPたちが結集して制作したバーチャルアイドル・初音ミクによるハルメンズのオフィシャル・カバーアルバム。80年代ニューウェイヴのサウンド性とボーカロイドは驚くべき相性のよさであり、多くのPたちがテクノポップをはじめとするニューウェイブに大きな影響を受けていることをはからずも実証した。

 

 

<参加P

うどんゲルゲ/キャプテンミライ/ぶっちぎりP/みろんP/耳ロボP/kihirohito/デッドボールP